雑木林を散歩している気分!環境に配慮したナチュラルな外構・庭(埼玉県幸手市)

春から初夏にかけて、落葉樹の若葉がまぶしい季節、「緑のトンネル小道」に風に揺れる葉の影が踊っています。春から初夏にかけて、落葉樹の若葉がまぶしい季節。「緑のトンネル小道」に風に揺れる葉の影が踊っています。

★都市部の住宅でこのサイズの庭は少ないと思いますが、ここから要素を取り出して、それぞれのサイズの庭で取り入れることはできます。あなたの家の庭を「気分の良いナチュラルな庭」にする参考にして下さいね!(自然派の各種屋外施設に関わる方には、そのまま参考になるかもしれません。)

緑に包まれる雑木林のような庭で季節の移ろいを

ビフォー&アフターを見る前に、普段の様子をのぞいてみましょう!
緑が清々しい初夏、ウッドデッキから眺める庭の様子。「緑のトンネル小道」付近です。さあ、ご一緒に庭に下りてみましょう!緑が清々しい初夏、ウッドデッキから眺める庭の様子。「緑のトンネル小道」付近です。さあ、ご一緒に庭に下りてみましょう!

初夏から梅雨にかけての季節、緑が濃くなってきました。小道の仕上げはウッドチップ入りの自然土舗装です。コンクリートはもちろん、強く転圧された砕石下地すらありませんが、雑草抜きも全く苦になりません。環境に配慮した自然な庭です。初夏から梅雨にかけての季節、緑が濃くなってきました。小道の仕上げはウッドチップ入りの自然土舗装です。コンクリートはもちろん、強く転圧された砕石下地すらありませんが、雑草抜きも全く苦になりません。環境に配慮した自然な庭です。

晩秋から初冬にかけての季節、落葉樹の葉が散り始めた庭は、季節感があって味わい深いものです。この季節の庭は夕日が似合います。晩秋から初冬にかけての季節、落葉樹の葉が散り始めた庭は、季節感があって味わい深いものです。この季節の庭は夕日が似合います。
同じ場所の早春の様子。春の柔らかい日の光に照らされ、芽吹いた直後の若葉がまぶしいくらいです。季節の移ろいを感じる自然な庭、イイな~(^^)同じ場所の早春の様子。春の柔らかい日の光に照らされ、芽吹いた直後の若葉がまぶしいくらいです。季節の移ろいを感じる自然な庭、イイな~(^^)
盛夏、玄関側から見た「緑のトンネル小道」です。うだるような猛暑の日でも、緑のトンネルの下に来ると、少しひんやり・・して、肌にまとわりつく暑さが和らぎます。不思議です。盛夏、玄関側から見た「緑のトンネル小道」です。うだるような猛暑の日でも、緑のトンネルの下に来ると、少しひんやり・・して、肌にまとわりつく暑さが和らぎます。不思議です。

同じく「緑のトンネル小道」。色づき始めた秋の様子です。同じく「緑のトンネル小道」。色づき始めた秋の様子です。この庭の特長に「蚊が少ない」ことがあります。地中の環境が良い(地中の水や空気の動きが滞っていない)と、地上部でも空気のよどみが少なくなり、おのずと蚊の発生も減るのでしょう。

「ビフォー&アフター」はページ中程です。

ウッドデッキ周り・部屋から

初夏の後半、ウッドデッキからの庭の眺め。ただただ、緑が気持ちイイ~!初夏の後半、ウッドデッキからの庭の眺め。ただただ、緑が気持ちイイ~!
ウッドデッキから見上げれば、心地よい木陰をつくってくれている葉っぱ達。彼らの会話が聞こえるかも(^^)ウッドデッキから見上げれば、心地よい木陰をつくってくれている葉っぱ達。彼らの会話が聞こえるかも(^^)

落葉樹が色づく秋、色づいた葉を眺めながらウッドデッキでお茶したり・・・心地よい季節ですね!落葉樹が色づく秋、色づいた葉を眺めながらウッドデッキでお茶したり・・・心地よい季節ですね!

部屋の中から見た庭の様子。窓からみずみずしい緑が見える。朝のコーヒーに午後のお茶時間・・・気持ちイイんだろうな~!部屋の中から見た庭の様子。窓からみずみずしい緑が見えます。朝のコーヒーに午後のお茶時間・・・気持ちイイんだろうな~!
コロも気持ちよくお昼寝中。天然木のウッドデッキは気持ちイイ!夏だってアチチ...にはなりません。コロも気持ちよくお昼寝中。天然木のウッドデッキは気持ちイイ!夏だってアチチ...にはなりません。

ビフォー&アフター 1

After(施工後)施工後、ウッドデッキの端から見た庭全体。木々が演出する光と影・・・美しい眺めです。施工後、ウッドデッキの端から見た庭全体。木々が演出する光と影・・・美しい眺めです。
Before(施工前)
施工前です。施工前です。

ビフォー&アフター 2

After(施工後)「いかにも『玄関アプローチ』ではなく、日々歩いているうちに、いつの間にそこが自然に玄関アプローチになっていた・・ような感じに」・・・打ち合わせ時のそんなご希望がなつかしいですね(^^)「いかにも『玄関アプローチ』ではなく、日々歩いているうちに、いつの間にそこが自然に玄関アプローチになっていた・・ような感じに」・・・打ち合わせ時のそんなご希望がなつかしいですね(^^)

Before(施工前)
施工前です。施工前です。

庭で目にする植物たちの季節の光景

春が近づき、膨らみ始めた落葉樹の冬芽春が近づき、膨らみ始めた落葉樹の冬芽

早春の芽吹き、手を広げるように開き始めた銀色の若葉早春の芽吹き、手を広げるように開き始めた銀色の若葉

ウッドデッキから眺める早春の庭。目の覚める若葉です。ウッドデッキから眺める早春の庭。目の覚める若葉です。

春の日の光が柔らかな、早春の「緑のトンネル小道」です。春の日の光が柔らかな、早春の「緑のトンネル小道」です。

晩春から初夏、緑がみずみずしくなる頃晩春から初夏、いよいよ緑がみずみずしくなる頃です。

晩春から初夏、木陰の特等席で気持ち良さそうな植物たち晩春から初夏、木陰の特等席で気持ち良さそうな植物たち

初夏、雑木林のような自然な庭がにぎやかなになる季節です。初夏、雑木林のような自然な庭がにぎやかなになる季節です。

背の高い木、低木、大きな宿根草、小さな宿根草、グランドカバーの植物・・・複層的な植栽は、環境ストレスを和らげます。手入れする人間の立場からすれば、病害虫の少ない「手入れしやすい」庭になります。背の高い木、低木、大きな宿根草、小さな宿根草、グランドカバーの植物・・・複層的な植栽は、環境ストレスを和らげます。手入れする人間の立場からすれば、病害虫の少ない「手入れしやすい」庭になります。

木の枝でくつろぐカエルさん。それぞれのサイズの庭で、可能な限り「豊かな生態系を築く」ことを大切にしています。木の枝でくつろぐカエルさん。それぞれのサイズの庭で、可能な限り「豊かな生態系を築く」ことを大切にしています。カエルなど小動物が多い庭は、一般的に「害虫」と呼ばれる生物や、目に見えないような生物も含めバランスが保たれている庭です。むやみに化学薬品や化成肥料を使わず、生き物どうしのバランスが保たれていれば、害虫は害虫でなくなります。

梅雨が近づく頃の庭、木陰で花茎を伸ばす植物梅雨が近づく頃の庭、木陰で花茎を伸ばす植物

晩秋から初冬、落葉樹の葉が散り明るく開けた庭で、野山に咲くような風情ある花が咲いています。晩秋から初冬、落葉樹の葉が散り明るく開けた庭で、野山に咲くような風情ある花が咲いています。

季節の移ろいを感じ、小さな変化を発見することは、心の穏やかさにつながるものです。そんな自然な庭です。

☆ガーデンハーモニーの実例写真は、施工直後のピカピカな頃の写真をほとんど載せていません。天然の木材など自然素材や自然な植栽の庭・外構は、施工直後から少しずつ育っていく。つまり、時間の経過とともに味わいが増す庭・外構だからです。そして、共感し合えるお客さんと、長く一緒に育てていきたい庭・外構だからです。

ウッドチップなど木質チップ材について

こちらの事例ではウッドチップを使った施工がございます。ガーデンハーモニーでは、ウッドチップやバーク(樹皮)チップなど木質チップ材を多くの現場で扱ってきました。詳しくは以下ページをご覧下さい。
  ウッドチップ・バーク(樹皮)チップなど、木質チップのご案内

用途に適した木質チップをご案内します。
全国のウッドチップ生産者さんと連携して対応します。