共感から始まる 家族で環境について話せる庭

環境に配慮した「本当にナチュラルな」庭・外構

家族で環境について話せる庭

ガーデンハーモニーが手がけるのは「家族で環境について話せる庭」。見た目だけの安易な「ナチュラル」ではなく、自然環境に配慮した「本当のナチュラル」を大切にしています。家族の穏やかな時間と美しい地球のために。

環境に配慮した植栽

  • 環境に合った植物を選び、自然をお手本として、単一(単純)な植栽にならないようにする。
  • 現場の状況により、地中の環境(地中の水や空気の動き)を整えるご提案をする。
  • 豊かな生態系が築かれるよう、化学薬品・化成肥料を使わないお手入れのサポートをする。

自然をお手本にした「健康な植栽」は、自然環境への負荷を減らすばかりでなく、住まうご家族の「心地よさ」に直結します

環境に配慮した材料・工法・プラン

自然由来の素材(特に天然の木材)を使うことは、石油など化石燃料の無秩序な使用による環境問題の小さな改善策です。また、ガーデンハーモニーが大事にしている「大地を傷めないよう必要以上の舗装はしない。舗装の仕様を工夫する。」ことも、環境への配慮の一環です。そして何よりも、「本当に自然なもの」を見て心が穏やかになることで、みずみずしい感性が育まれ、環境への配慮においてソフト面で貢献できると信じています。

天然木による造作と自然な植栽

使用する材料は、自然素材とその環境に適した植物です。自然素材の中でも、ファーストチョイスは「天然の木材」です。自然な植栽が映えるよう、屋外でも耐久性のある天然の木材を使い、オーダーメイドで仕上げていきます。多くの方から「屋外でどこよりも天然木を使う会社」と表現されてきました。「○○風」や「擬○○」といったフェイク(疑似)素材は使わず、素材そのものが自然で素朴な庭・外構を手がけています。

「つくり込んでいない」ようなラフな雰囲気

見えない部分まで、隅々まで精密につくり込んでいても、「つくり込んでいないように見える」ラフな雰囲気を大切にします。それが、素朴でナチュラルな庭・外構につながります。ピカピカな材料は使いません。華やかな派手さはありません。ガチガチに「つくり込んだ」雰囲気もありません。時間の経過とともに味わい深く変化する、あたたかく優しい雰囲気を大切にします。